ニュース

労働保険の成立手続きはおすみですか

労働保険の成立手続きはおすみですか
労働者を一人でも雇用していれば労働保険に加入する必要があります

労働保険とは
労災保険と雇用保険を総称した言葉で、政府が管掌する強制保険制度です。
労働者を一人でも雇用していれば、加入手続きを行わなければなりません(農林水産の一部の事業は除きます)。


労災保険とは
労働者の方が業務中や通勤途上に事故にあった場合に、必要な保険給付を行い、被災された方や遺族の方の生活を保護し、併せて社会復帰を促進する事業を行うための保険制度です。


雇用保険とは
労働者の方が失業した場合に、失業給付を支給したり再就職を促進する事業を行うための保険制度です。
新たに労働者を雇い入れた場合は、保険料の納付とは別に、その都度、事業所を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に「雇用保険被保険者資格取得届」の提出が必要です。


関連記事: 労働保険に関するわずらわしい実務はおまかせください

新型コロナ対策で無担保・無利子・3年間返済なしの融資が可能に

新型コロナ対策で無担保・無利子・3年間返済なしの融資が可能に
新型コロナ対策では、日本政策金融公庫の融資制度がいち早く対策され、多くの事業者に利用されています。
日本政策金融公庫が実施する「新型コロナウイルス感染症特別貸付」と、さらに「特別利子補給制度」を併用することで無担保・無利子・3年間返済なしの融資を受けることができます。

続きを読む

「雇用調整助成金の特例」について、まとめました

「雇用調整助成金の特例」について、まとめました
新型コロナがひろがった4月1日以降の休業に対して、国は雇用調整助成金の特例をもうけ、中小企業には休業手当の最大100%を給付することとし、1日あたりの限度額も8330円から15000円に引き上げました。

「雇用調整助成金の特例」について、まとめました。

続きを読む

【賞金総額200万円】 2020年ティグレ起業・経営革新支援事業(上田卓三賞)を実施します

【賞金総額200万円】 2020年ティグレ起業・経営革新支援事業(上田卓三賞)を実施します
起業や経営革新の促進は今日の日本社会発展の課題となっています。特に新型コロナウイルス感染症の拡大により中小企業・小規模事業者にとって事業を継続するためにはデジタル化を含めた経営革新なくしては非常に厳しい状況となってきております。

ティグレグループでは、このような状況のもと中小企業・小規模事業者の起業、存続、発展に少しでも役立てることを理念とし、2020年ティグレ起業・経営革新支援事業(上田卓三賞)を実施します。当賞は、以下の審査基準を満たしている事業を新たに立ち上げるか、もしくは、新商品の開発ならびに新たな販売方法等の導入など起業、経営革新を行おうとする事業者に対しその資金の一部を補助するものです。多くの会員・事業家の皆様の応募をお待ちしております。

続きを読む

最大で600万円(法人)が支給!家賃支援給付金

最大で600万円(法人)が支給!家賃支援給付金
事業を営まれている方で家賃の支払いに苦慮されている方は多いのではないでしょうか?

7月14日より新型コロナウィルスの感染拡大で売り上げが落ち込んだ中小企業・個人事業者に対して、賃料負担を軽減する「家賃支援給付金」の申請が始まりました。

業種等にもよりますが、売上が以前と比べて減少した事業者様が対象です。

「家賃支援給付金」について、まとめました。

続きを読む