成功事例

複雑な形状の土地の評価もしっかりと行い、適正な相続税額を

相続税は、土地や家屋の評価によって金額が変わります。「思っていたよりも相続税額が高い」「少しでも減額したい」とお考えなら、ぜひ一度ティグレグループへご相談ください。ティグレグループでは、複雑な形状の土地の場合でも厳密に評価することによって、適正な相続税額へと導いた実績があります。

  • 相続税・相続相談
  • 節税

相談内容

相続人が残した財産である土地の相続税額を計算したところ、思っていたよりも高額だったとのこと。「なんとか減額できないか?」ということで、ティグレグループにご相談いただきました。

解決策

本件の場合、どのような形状の土地が対象になっているのか調査することから始めました。依頼者様の土地は道路に接していない宅地――いわゆる「無道路地」で、非常に複雑な形状でした。そのため、形状の特性を踏まえて厳密な評価を実施し、税額を大きく減らすことに成功しました。

結果

無道路地など、教科書に簡単な例の記載はあっても、実際の形状は複雑な場合が多くあります。土地の専門家がいるティグレグループでは、そのような複雑な形状の土地場合でも適正に評価することができます。

関連するティグレグループのサービス