成功事例

節税対策や取引先の倒産などに備える「中小企業倒産防止共済制度」をご提案

従業員の少ない中小企業や個人事業主は、取引先企業の倒産によって、連鎖倒産や経営難に陥る場合があります。そうした“もしも”に備えられるのが、「中小企業倒産防止共済」です。ティグレグループでは、節税対策としても有効なこの制度を取り扱っています。

  • 各種保険
  • 節税
  • リスク管理

相談内容

「計画的な節税対策がしたい」「万が一の取引先の倒産などに対するリスク回避がしたい」と、会社経営者の方からご相談をいただきました。

解決策

節税対策と取引先企業の倒産リスク回避として、「中小企業倒産防止共済」をご紹介しました。中小企業倒産防止共済は、取引先が倒産した場合に共済金の貸し付けが受けられる制度です。

<中小企業倒産防止共済の特徴>
・決算月内でも前納金を合わせれば、最大240万円の費用(損金)計上ができる

結果

損金として計上できる中小企業倒産防止共済は、取引先企業の倒産リスクに備えるだけでなく、節税効果も見込めるため、依頼者様に大変喜んでいただきました。
ティグレグループでは、中小企業倒産防止共済制度に関するご相談も受け付けています。「どんな内容なのかよくわからない」「加入によるメリットを知りたい」という場合でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連するティグレグループのサービス