成功事例

不動産担保ローンを活用した借り換えで、毎月の返済が半額に

本件は、「すでに廃業した事業での借入残が530万円あり、毎月13万円の返済が生活を圧迫しているため、ローンをまとめた上で追加融資を受けたい」というご相談でした。ティグレグループが提案したのは、借り入れの返済や固定資産税の支払いに延滞が生じている場合でも、融資が受けられる方法です。

  • 資金調達・融資
  • 資産活用

相談内容

個人事業の飲食店を廃業し、今は別の会社に勤めている方から、「生活困窮の恐れがあるため、ローンをまとめたい。また、追加で教育資金を借りたい」とご相談いただきました。そのとき、開業時の運転資金などでの借入残が530万円あったため、毎月13万円の返済や固定資産税の支払いに延滞が生じている状態でした。

相談時点の借入内容

借り入れ530万円の内訳
 保証協会        残高 約300万円
 日本政策金融公庫    残高 約180万円
 消費者金融A      残高 約 30万円
 消費者金融B      残高 約 10万円
 消費者金融C      残高 約 10万円

解決策

依頼者様自身の名義で土地建物(一戸建て、ローンなし)をお持ちだったので、当該物件を担保として差し入れて、おまとめローンをすることになりました。

新しいローン内容

今までの借り入れとは異なる銀行と金銭消費貸借契約を結びました。

融資金額 :730万円(借り入れ分以外の追加融資200万円含む)
毎月返済額:7万円

結果

追加融資として200万円の調達に成功。毎月の返済額が13万円から7万円(▲6万円)になったことで、資金繰りが改善しました。このように、相談時点で借り入れの返済や固定資産税の支払いに延滞がある場合でも、融資を受けられる方法をご提案することが可能です。

関連するティグレグループのサービス