特集・キャンペーン

6月は社会保険料を決める季節です

■■■

社会保険(健康保険と厚生年金)にご加入の事業所にとって、6月は保険料を決める手続きの季節です。年間の社会保険料は、4月~6月の3ヶ月間に被保険者に支払った報酬総額によって決まる仕組みになっているからです。

社会保険料を決めるために提出する書類を「社会保険算定基礎届」と言います。「社会保険算定基礎届」は以下の流れで提出をしていくことになります。

1.毎年6月上旬~中旬に、日本年金機構から算定基礎届が郵送されてきます。
2.4月~6月に被保険者に支払った報酬総額などを記入します。
3.7月1日から7月10日までの間に日本年金機構へ郵送や持参、または電子申請などの方法で届出をします。
一部の会社に対しては郵送などによらず、年金事務所で調査面談が実施されることがあります。

賞与についても、健康保険・厚生年金保険の毎月の保険料と同率の保険料を納めます。賞与の支払がありましたら、その支給日から5日以内に、賞与支払届および賞与支払届総括表を提出する必要があります。

また、平成23年の法改正により、1年間の報酬平均を用いて保険料を決定することが可能になりました。

「4、5、6月の給与の平均額から算出した標準報酬月額」と「前年の7月から当年の6月までの給与の平均額から算出した標準報酬月額」に2等級以上の差が生じ、その差が業務の性質上例年発生することが見込まれる場合に、前年の7月から当年の6月までの給与の平均額から算出した標準報酬月額で決定することができます。
※申し立てる場合は、「事業主の申立書」と「被保険者の同意」の提出が必要です。

詳しくは、社会保険関係の手続きは社会保険労務士法人ティグレにお申し付けください。

東京 (TEL)03-5321-6346
名古屋(TEL)052-205-7209
大阪 (TEL)06-6943-9338
福岡  (TEL) 092-273-2880

ホームページからのお問合せフォームはこちら

(社会保険労務士法人ティグレ 代表社員 新里順一)