レポート

2021年度 中小企業・小規模事業者の存続と発展を目指して、国への要望書を提出

2021年7月27日から8月4日にかけて、ティグレグループは橘悦二代表を先頭に、各政党、各省庁に中小企業・小規模事業者を支える施策の提言として「国への要望書」要請行動を行いました。

各党、各省庁を訪問

自民党、公明党、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会の各党及び財務省、経済産業省、厚生労働省、法務省、総務省、内閣府の各省庁を訪問し、要望書を手渡しました。

「安心と希望」を持てる政策を

2021年度の要望書では、さらなる広がりを見せる新型コロナウイルス感染症対策に関するする緊急要望や、通常政策での税制、社会保険、金融、デジタル化に関する要望など、中小企業・小規模事業者が「安心と希望」を持てる政策の実現を求めています。


要望書の全文はこちらからご覧いただけます。
⇒2021年度国への要望書(PDF)