レポート

ティグレ

小規模企業共済加入促進で表彰を受けました

ティグレ
前年度小規模企業共済の加入件数実績が「その他団体部門」で前年に続いて3位になりました。その表彰としまして独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部の内山崇本部長がご来訪され、盾と記念品が授与されました。

【前年度実績】
・小規模企業共済 215件
・倒産防止共済  68件

※倒産防止共済もその他団体部門で3位でした。

リスクに備える中小企業のための制度

◆小規模企業共済とは国の共済制度で、「小規模企業の個人事業主や会社等の役員のための退職金制度」です。小規模企業共済のいいところは将来の積立と毎年の税金対策ができることです。以前は個人事業主のみしか加入できませんでしたが、個人事業主の配偶者や後継者などの「共同経営者」まで加入できるようになっています。

中小企業退職金共済というものもあります。中小企業退職金共済とは「国がつくった中小企業で働く従業員のための退職金制度」です。小規模企業が単独では退職金制度をもつことが困難である実情を考慮してつくられた制度です。国が掛金の一部を助成します。

◆中小企業倒産防止共済とは「取引先事業者が倒産し、売掛金債権等が回収困難になった場合に貸付が受けられる制度」です。また、掛金は税法上のメリットがあります。

事業者がライフステージの中で考える様々なリスク

中小企業・小規模事業者はそのライフステージの中で様々なリスクと向き合い、事業活動を行う上での血液となる資金を調達しながら事業を展開していきます。

「小規模企業共済」「中退共」「中小企業倒産防止共済」は中小企業・小規模事業者のセーフティネット3点セットと言われています。ポイントは「備え」と「節税」です。自らのことは自らが守る。備えあれば憂いなしです。


詳しくは、特集「スモールビジネスとセーフティーネット」でご覧いただけます。

ティグレでは3点セット全て加入申込ができます。最寄のティグレグループにお問い合わせ下さい。