レポート

東京本社

セミナー「石田梅岩に学ぶ、日本の商人道、繁盛店はこうして作れ」を開催しました

東京本社
平成30年11月22日(木)第32回ティグレ倶楽部セミナーがティグレ東京本社会議室で開催されました。テーマは「魂の商人 石田梅岩に学ぶ、日本の商人道、繁盛店はこうして作れ」でした。講師は株式会社経営ドクター代表の島村信仁さんでした。 

冒頭に「石田梅岩(ばいがん)をご存知の方は?」と講師からの質問でご存知だったのはお二方のみでした。しかし、石田梅岩に影響を受けた人に松下幸之助や稲盛和夫の名前が上がり、一同ビックリ。

石田梅岩は「江戸時代の商人で、ドラッカーより約250年も早く経営の本質を見抜いた人で日本で初めて商人道を語った人です」。また、「正直でなければ商人道は果たせない。いつでも心に道徳のものさしをもて。変わらない為に変えていくのが伝統だ」という梅岩の商人道。その思想を受け継いでいる料理店が紹介されました。それは京都の湯葉専門店半兵衛麩です。1689年創業、来年で300年の老舗です。中小企業は不特定多数の商売ではなく、特定太数の商売(縁が太くなって成り立つ)をやらないといけないというのが島村さんの持論。「今だけ、ここだけ、あなただけを目指して下さい。」とアドバイスされました。

最後に都内7つの繁盛店を紹介。「1つのものが売れるには普段からお客様との会話により人間関係を耕すことが大切。是非繁盛店に足を運んでご商売のヒントを見つけて下さい」とメッセージを頂きました。  

(ティグレ東京本社営業部 内山裕志)