レポート

ティグレ

埼玉県の原爆の図丸木美術館を訪問

ティグレ
4月3日、ティグレの橘悦二社長と井戸木一英フォーラム代表が埼玉県東松山市にある原爆の図丸木美術館を訪問しました。

原爆の図は上田卓三初代会長とも交流のあった丸木位里・丸木俊夫妻の共同制作になるもの。近年、ますます歴史的・社会的意味が大きくなり、国内外で高く評価されつつあります。

丸木美術館には、かつて上田卓三会長が太鼓を寄贈し、丸木美術館のイベントでは常に“ドン、ドン”と太鼓の音が鳴り響いていたそうです。

しかし、建物も痛みが激しくなり、新館建設のための原爆の図保存基が呼びかけられています。
ティグレは昨年9月に原爆の図保存基金に寄付をしました。

丸木美術館ホームページ