会社の設立や登記

法人化のメリット・デメリット

事業を立ち上げるとき、法人にするか個人事業主にするか、迷われる方は少なくないでしょう。介護事業のように法人でないとできない場合や取引先・銀行との関係がなければ、法人化しなくても事業を行うことが可能です。では、会社を設立することで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

  • 1.社会的信用度が高い
    法人の方が、取引先や仕入先、金融機関などから信頼を得られやすい傾向にあります。
  • 2.効果的に節税ができる
    経費として認められる幅が広く、年間所得が高くなれば節税効果が得られます。
  • 3.資金調達の幅が広がる
    銀行からの融資を受けやすくなるほか、外部から資金を調達することも可能です。
  • 4.取引先が広がりやすい
    「個人とは取引しない」という企業は多いため、法人の方が取引先を得やすい傾向があります。
  • 5.採用力のアップ
    求職者にとっては個人事業主よりも安心感があるため、人材を確保しやすいといえます。
  • 6.自由に決算月を設定できる
    「繁忙期や税金の納付時期と決算月を離す」など、事業や資金状況を考慮した設定が可能です。
  • 7.相続税が課されない
    法人なら会社の所有財産は相続の対象にはなりません。ただし、保有する株は相続の対象になるので注意が必要です。
  • 8.経営リスクが低減する「有限責任」である
    基本的には資本金の範囲で有限責任となるので、出資した範囲内の返済義務しか負いません。しかし、オーナー企業だと代表者が実質責任を持つ場合があります。

デメリット

  • 1.設立費用がかかる
    会社を作るだけで定款作成や登記費用などの費用がかかります。おおむね30~35万円です。
  • 2.ランニングコストがかかる
    たとえ事業が赤字であっても、法人住民税の均等割などを支払わねばなりません。また、記帳などもしっかりと行わなければならず、税理士などに支払う申告費用も個人より高くなります。
  • 3.社会保険への加入義務
    デメリットとはいえませんが、健康保険と厚生年金保険の保険料は、会社と従業員で折半となるため、一部費用を負担する必要があります。
  • 4.事務負担の増加
    申告書の作成や社会保険の手続き、商業登記など、さまざまな事務作業が発生します。

会社設立の流れ

(1)会社概要の決定
商号・発起人・役員・事業目的・資本金などの必要事項を決めます。
(2)印鑑の発注
社名が確定したら、設立登記申請時に必要になる印鑑を発注します。
(3)定款の作成・認証
絶対的記載事項を記載した定款を作成し、公証役場で定款の認証を受けます。
(4)資本金の払い込み
定款で決めた資本金を出資者自身の名義で払い込みます。
(5)登記申請
法務局へ登記申請します。
(6)税務署や社会保険の手続き
税務関係の届出業務、社会保険関係の手続きをします。

会社設立・起業を、すべてサポートします。

「起業」「開業」と一口に言っても、さまざまな手続きが必要であり、会社を設立することは決して簡単ではありません。法務・労務・税務の専門家がいるティグレグループでは、「会社を立ち上げたい」という皆様をサポートしています。会社経営にまつわる各種手続きについて、疑問や不安を解消できるようアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。