イベント・セミナー情報

企業連携 Osaka Chaos での12年間~カオス(混沌)から Chaos(新たな創造)へ~

関西中小企業研究所第134回研究会のご案内

2010年、大阪の中小企業約20社の代表者により結成された株式会社大阪ケイオス。
技術の高度化と事業領域の拡大に中小企業が共同して取り組み、相乗効果を生み出すことを目的として設立されました。

大阪ケイオスでは共に受注や開発を行うだけでなく、人材の採用や広報、CSR活動等も行い、技術連携の域を超えた戦略的な連携で、中小企業の新たな発展に日々挑戦しています。

今回は大阪ケイオス副社長の原田哲朗様(株式会社レイ・クリエーション代表取締役)より、12年間で感じた連携企業の成長と喜びをお話いただきます。ご参加の皆様にも、カオスな発想で楽しい実体験をお伝えできればと思います。


「大阪ケイオス」の「ケイオス」とは「カオス(混沌)」の意。 「大阪」がもつ高度なものづくり基盤に、大阪持ち前の元気な「人」のエネルギーが満ちた状態を英語のChaos(ケイオス)と表現して付けた名前です。
日時
2022年8月22日(月)15時~17時
場所
Web(ZOOM開催)
申込み・費用
参加費無料

お申込:次のフォームからお申し込みいただくか、またはeメールでご連絡ください。

⇒ お申し込みフォーム 
またはご希望のセミナーを記載のうえ seminar@tigrenet.ne.jp まで


※お申し込み受付け後、ご参加いただく際のZOOMアドレスをお送りします。


共催:一般社団法人関西中小企業研究所、株式会社ティグレ
講師プロフィール
株式会社レイ・クリエイション代表取締役
原田 徹朗 氏

●山口県周南市出身●大学中退後、専門学校を卒業し、デザイン会社に8年間勤務●1989年9月:レイ・クリエーション創業●2008年9月:大阪ものづくり研究会発足(異業種5社による3Sの研究会)●2010年11月:ものづくり企業20社で共同出資を行い株式会社大阪ケイオス設立、代表取締役副社長に就任 ●2014年10月:工場の端材から新たなプロダクトを作り出す、端材アップサイクル講座を開設●趣味は、ヨット再生・ドローン・法螺貝