イベント・セミナー情報

【終了】コロナ禍で社食需要が激減!売上8割減をどう乗り越えたのか!?

関西中小企業研究所 第122回研究会

「コロナ禍で社食需要が激減!売上8割減をどう乗り越えたのか!?」
~時代の荒波を乗り越えるフットワーク~

食事は毎日のことだから、ちゃんと考えたい。
それでも、ついつい疎かにしてしまう食事。
AIVICKは、ICTの力で食を進化させたい。

天寿を全うするまで健康的な日々を、無理なく送れる世の中を作りたい。
そういう思いで食×ICT サービスを作り出しております。

しかし、コロナ過で主軸だった法人向け社食サービスの売上高は8割減。
そこから個人向け宅配サービスに主軸を変更し、前年度売上を上回るまでになった秘訣をシステム開発~食事事業を展開するようになるまでの経緯も含めてお話します。
日時
2021年7月30日(月)午後6時~8時
場所
Web(ZOOM開催)
申込み・費用
参加費無料

お申込:次のフォームからお申し込みいただくか、またはeメールでご連絡ください。
⇒お申し込みフォーム (Googleフォームを使用しています)
または seminar@tigrenet.ne.jp


※お申し込み受付け後、開催が近づきましたら追って当日のZOOMアドレスをお送りします。


共催:一般社団法人関西中小企業研究所、株式会社ティグレ
講師プロフィール
株式会社 AIVICK(アイビック)代表取締役
矢津田 智子(やつだ ともこ)さん

●福岡県出身。高校時代は水泳の国体選手。●立命館大学法学部卒業後、初期プリクラのソフト開発に従事。●その後、WEB系のDBエンジニアとして活動。●体力を過信した不健康な生活から、若くに膠原病を患い、自分だけでなく周りの人たちも巻き込む病気の辛さを実感。●1度目の寛解で、健康な状態のうちに仲間と共に世に役立つICTサービスを作りたくて、2005年4月に業務管理・WEBシステム受託開発を行う株式会社AIVICKを創業●ある時、仲間のひどい食生活と運動不足から起こる病気を危惧。ひとりひとりが、栄養バランス良い食事を手軽に食べれて健康管理できる仕組み=「個人最適食を提供する仕組み」で世界を変えたいと既存のICT事業に加え、食事業「TAVENAL」を始動。●2020年2月「関西財界セミナー2020」にて「輝く女性賞」受賞