イベント・セミナー情報

「働き方改革」への対応を考える

中小企業の人事・労務管理セミナー「働き方改革」への対応を考える

働き方改革によって何が変わるの?

◆年5日の年次有給休暇取得義務化
◆残業時間の上限規制
◆未払賃金の時効延長
◆同一労働同一賃金ってなに?
◆人手不足による外国人労働者の活用
など

どのように対応すればいいかわからない・・・
今後中小企業経営はどうなるのか・・・

そんなお悩みに、弁護士、社会保険労務士、行政書士の専門家がお答えします。

セミナー概要

セミナーは毎回違うタイトルで、9月に3回開催します。


■第1回 9月13日(金)午後6時~8時
テーマ「今なぜ働き方改革なのか、その基本的な枠組みを知ろう」
昨今、日本に外国人観光客が増加していますが、それは円の価値、日本経済の相対的な力の低下を意味します。産業構造の変化、人口減少社会、生産性の低下など平成から令和に変わる新しい時代に着目した人事労務管理の今後を考えます。
講師 笹尾達朗(認定NPO法人あったかサポート常務理事・社会保険労務士)


■第2回 9月20日(金)午後6時~8時
テーマ「働き方改革が中小企業経営に与える影響」  
今回の働き方改革関連法の成立には、これまでの日本型雇用システムを変える意図が見えます。特に労働時間法制度、休暇など労働基準法の改正とパート・有期労働法の改正は、これまでの中小企業経営を追い詰めかねません。また未払い賃金の時効問題など 民法改正の影響などからこれからの中小企業の生き残り策を学びます。
講師 弁護士 清田冨士夫 (大阪弁護士会所属)


■第3回 9月27日(金)午後6時~8時
テーマ「外国人雇用の仕組みと在留資格、その労働者保護と社会保険の適用」
外国人労働者の迎え入れは出入国管理法を管轄する法務省、雇用した労働者 の賃金や労働時間と労働・社会保険の適用は厚生労働省など国による管理には 厳しいものがあります。基礎的な制度や仕組みを知って労働トラブル防止に役 立てて頂きます。
講師 山田啓子(行政書士)・臼田一彦(特定社会保険労務士)
場所
ティグレ大阪本社会議室
大阪市中央区谷町2-6-4谷町ビル8F

⇒アクセス
申込み・費用
参加費:1講座1名3,000円 ※全講座参加の場合は5,000円

お申込:電話で参加希望の日程とご希望の人数をお知らせください
TEL.06-6943-9338(担当:松下)

主催:社会保険労務士法人ティグレ・認定NPO法人あったかサポート