イベント・セミナー情報

【終了】事業承継はイノベーションのチャンス

関西中小企業研究所
第103回研究会のご案内

事業承継問題は中小企業にとっての最重要テーマと言えます。中でも、落合康裕先生はファミリービジネス分野の事業承継を経営学の観点から研究されてきました。

落合先生は、事業承継の際の「異質な価値観のぶつかり合いはイノベーションの契機となる可能性がある」と言います。その意味で「ファミリービジネスは非同族の一般企業よりも革新性を内包している」と言うのです。まさにファミリービジネスの第二創業です。

多くの長寿企業の承継事例に基づいたお話は説得力があります。これから事業継承にのぞむ経営者や後継者、支援者などはぜひお聞きください。

事業承継に関心のある中小企業経営者、支援者の皆様など、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。
日時
2019年8月9日(金)午後6時~8時
場所
ティグレ大阪会議室
大阪市中央区谷町2-6-4谷町ビル8F

⇒アクセス
申込み・費用
会費:2,000円 (研究所正会員は1,000円、学生は500円)

お申込:eメールまたはお電話でご連絡ください。
kanchuken@estate.ocn.ne.jp
TEL:06-6966-1866

主催:一般社団法人関西中小企業研究所
講師プロフィール
静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科
准教授 落合康裕(おちあいやすひろ)さん
   
●神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。●大和証券株式会社、日本経済大学経営学部准教授をへて、2018年より現職。●ファミリービジネス学会理事。●主著に『事業承継のジレンマ-後継者の制約と自律のマネジメント-』(白桃書房、2016年)、『ファミリービジネス白書2018年度版』(編著者、白桃書房、2018年)など。●2016年ファミリービジネス学会賞、実践経営学会名東賞受賞。