相続相談を家族にする前にご一読ください

2019年12月13日

他人事ではない「相続」

平成27年に相続税に関する制度が新しくなりました。特に基礎控除額の引き下げにより、相続税の申告が必要となる課税対象者が約2倍に急増しました。
そのため、相続はお金持ちだけの問題ではなく、一般家庭にも関係してくるようになりました。相続準備を怠った結果、遺産分割で揉めるなどの事例も増加しています。
このように、相続・相続税の話は決して他人事ではない時代となってきています。


(関連記事)
相続税はかかる?かからない?基礎知識と計算方法
相続で争わないために。遺言書の作成を



「相談先がわからない」を解決する相続相談士

遺産相続は、ほとんど多くの人にとって、いつかは経験する出来事です。ですが、誰に相談して良いか分からない、課題によって相談先が異なるという複雑さを抱えています。

そこで皆様のお役に立てるのが相続診断士です。相続診断士は、相続に関する問題を理解し、直接のアドバイスや専門家の手配を行います。相続対策、生前贈与、不動産のことなど、領域は広く多岐にわたります。
「相続」が「争族」にならない様に、コンプライアンスに配慮しながら必要な専門家(弁護士や税理士などの有資格者)に伝え、相続人が安心して相続を迎えられるように橋渡しをします。『笑顔相続の道先案内人』としての社会的役割を担います。



ティグレで活躍する「相続診断士」

一般社団法人相続診断協会が発行している「相続診断士」の資格は、現在取得者39,000名(2019年現在時点)です。「日本から争族を無くし笑顔相続を追求する」をミッションとし、日々活躍しています。

ティグレグループでも「相続診断士」が在籍し、活躍しています。そのうちの一人である内山裕志は、相続診断士資格の上位資格である「上級相続診断士」資格を有し、1万人が所属する東京相続診断士会の副会長を務めております。

日本法令から出版、一般社団法人全国相続診断協会編、
『家族を「争族」から守った遺言書30文例』に内山の事例が掲載されました。
https://souzokushindan.com/sys/topics/news_newbooks2018/

さらに30文例の中のベスト4に選出され、記念講演で登壇・スピーチをしました。

顧客との信頼関係の構築、作成した遺言書が評価されたようです。
内山の手がけた遺言書は、ただでさえ争族になりがちな相続手続きを円滑に進めたことのみならず、残された方々に対する愛と感謝が詰まったものでした。

相続の手続き自体は、特にいざこざがなければ事務的な手続きで済ませようと思えばいくらでも済むものです。しかしながら、実際にはそうようなケースは稀で、なにかしらの問題は必ずといっていいほどはらんでおります。やはりそのあたりは、人間ですから仕方のないことなのかもしれません。人間関係、立場、さらには感情や思惑など様々なものが交錯するのは当然です。それらを踏まえた上で、最良の結果に導いたことが評価されたと考えております。

これからもティグレでは顧客に寄り添った相続相談を行ってまいります。遺産の分割手続き、相続の節税だけではなく、後味のよい相続相談、相続税申告をお約束します。


ティグレ東京本社 営業部 内山 (上級相続診断士)

一般社団法人相続診断協会 上級相続診断士-認定者情報
https://souzokushindan.com/sys/up_consultant/tokyo_h_uchiyama/

相続相談を家族にする前にご一読ください


◆◆◆
「相続のことがよくわからない」という方は、お問合せフォーム、またはお電話にてお気軽にご連絡ください。

⇒お問合せフォームはこちら

⇒お電話の場合は
フリーダイヤル: 0120-54-1090
◆◆◆


関連するティグレのサービス:相続税や相続の相談