ご存知ですか?「キャッシュレス・消費者還元事業」で5%ポイント還元

2019年06月28日

◆消費者への還元と利便性向上

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられるのに合わせて、「キャッシュレス・消費者還元事業」が同時スタートするのをご存知でしょうか。
この事業は、消費税引き上げにあわせて景気対策として消費者にポイントで還元するものです。ポイントの還元期間は10月1日から来年の6月30日までの9か月間です。
キャッシュレス決済というのは、各種クレジットカードや各種電子マネー(流通系など)、デビットカードやモバイルウォレットなどで支払った場合です。


◆事業者側の利点は?

また、この制度は事業者側にもメリットがあります。参加加盟店になるとホームページでも紹介され、集客アップにもつながります。外国人顧客の集客にもつながります。
国の補助などで、決済手数料も期間内には2%代に抑えられています。また、カードの読み取り端末の導入費用も、3分の1が決済事業者、3分の2を国が負担します。
この「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店になるには、事前にカード端末を導入し、さらにこの事業の「登録決済事業者」を通じて登録することが必要です。

10月1日までに登録を済ませてスタートするにはタイトな日程ですが、キャッシュレス化は時代の流れ。各種の支援策も活用し、導入されるのも一手ではないでしょうか。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。
●キャッシュレス・消費者還元事業( 一般社団法人キャッシュレス推進協議会)