労務管理を軽減したい

「人の問題」を後回しにすると、
重大な損害につながる恐れも…。

労災保険や雇用保険の手続き、就業規則の作成、雇用契約書などの書面の整備、給与計算など、「労務管理」と一口に言ってもさまざまな業務があります。労務管理をおろそかにすると、重大な労務トラブルに発展しかねません。特に、業務上の事故や怪我は経営を危うくすることもあります。そこで、ティグレグループでは労働保険事務組合や社会保険労務士法人、クラウド型の勤怠管理システムの利用をおすすめしています。

労働保険事務組合の加入で手続きが簡単に

法人や個人を問わず、一人でも従業員を雇っている場合、労災保険と雇用保険(労働保険)への加入が義務付けられています。ただ、「忙しくて加入手続きをする時間がない」「どうやって加入できるのかわからない」という経営者様もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、労働保険事務組合に加入しましょう。

労働保険事務組合とは?

労働保険の事務処理を事業主から委託することについて、厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主等の団体のこと。

労働保険事務組合では、労働保険の加入手続きを代行可能です。
また、それ以外にも下記のようなメリットが挙げられます。

事務委託するメリット

  • 1.社長や役員も労災保険に加入可能
  • 2.事務手続きの労力を軽減
  • 3.労働保険料の分割納付が可能
詳しくはこちらから:労働保険事務組合

時代に合わせた“タイムカード”で業務効率化

勤怠管理の方法として、紙のタイムカードとタイムレコーダーを採用している企業は少なくありません。しかし、紙媒体による勤怠管理は、集計作業にかなりの時間がかかるほか、不正打刻や押し忘れが発生するというデメリットも存在します。そうした問題をクリアできるのが、「クラウド型の勤怠管理システム」です。

クラウド型の勤怠管理システムとは?

インターネットを使って従業員の勤怠を管理できるシステムのこと。
インターネットを介して、クラウドサービス事業者が開発した勤怠管理システムを利用できる。

クラウド型の勤怠管理システムには、「就業時間を正確に把握できる」「給与計算作業を効率化できる」「コスト削減につながる」といったメリットがあります。馴染みのあるタイムカードにも利点はありますが、労務管理にかかる負担軽減をお考えなら、クラウド型の勤怠管理システムを検討してもよいでしょう。

労働基準法や就業規則、36協定、福利厚生、教育・評価制度など、労務管理に関するご相談を受け付けています。
詳しくはこちらから:
人事制度・労務管理の相談