相続税や相続の相談

相続税シミュレーション

相続対策をお考えなら、まずは相続税のシミュレーションを行ってみましょう。

相続税シミュレーションの目的

  • ・財産の現状を把握する
  • ・納税額を知る
  • ・“争族”の未然防止
  • ・適切な節税対策を立てる

相続は遺族が行うため、ときにはどれだけ財産があるのかわからない場合もあります。そのため、相続税シミュレーションを行って、遺族の方が財産の状況を把握した上で準備することが重要です。また、相続税は「事前に手を打っておけばよかった」と後悔することが多い税金のひとつです。弁護士や税理士、司法書士、土地家屋調査士など、各分野の専門家がいるティグレグループでは、相続税シミュレーションを通し、皆様の負担を軽減できるようなご提案をいたします。

節税対策と納税準備のアドバイス

節税対策

相続税は、事前に準備することで税額が大きく変わる場合もあります。できれば10年などの長期間の対策を想定し、早い時期から準備をしましょう。

節税対策の具体例

  • ・暦年贈与
  • ・配偶者への生前贈与
  • ・子や孫への住宅資金の贈与
  • ・住宅を建てるなど、資産の有効活用による不動産価格の圧縮
  • ・その他

納税準備

相続税は相続発生から10ヶ月以内に申告、納税しなければなりません。納税は現金が必要なため、事前に納付資金を準備することも欠かせません。あらかじめ相続税シミュレーションなどを行い、保険の活用といった準備をしましょう。

申告手続き

「相続税は申告する税理士の経験で大きく税額が変わる」とよく言われます。特に、広大地の評価などは専門家でも苦労する場合が少なくありません。ティグレグループの税理士法人には、相続税専門の税理士が在籍しています。豊富な経験を活かし、適正な申告をサポートします。

相続の紛争防止と解決策の提案

相続をめぐる争いは複雑な事情が絡むケースが多く、円満に解決するのは容易ではありません。ティグレグループでは、さまざまな事情や状況を踏まえた上で、円満な解決を目指しています。深刻な状況に陥る前に、早めにご相談ください。

法定相続分と遺留分

法定相続分と遺留分は、相続税の計算や遺産分割協議において重要な指標となるものです。

法定相続分
法令で定められた割合で、遺言がない場合は法定相続分をもとに相続人が割合を決めます。
遺留分
一定の相続人が一定割合相続できることを保証する制度で、遺言が残されていることが前提になります。

遺言状の作成

法的要件を満たす適正な遺言状の作成をサポートします。

お亡くなりになった後の財産分配の決定や、相続のトラブルを避けるために、遺言状の作成は有効な手続きのひとつです。遺言状の作成方式は法律で決められており、これに反する遺言状は無効と判断されてしまいます。そのため、遺言状を作成する際は、要件を満たす内容になっているかのチェックもしなければなりません。

プロに頼むメリット

  • ・法律に則った適正な遺言状を作成できる
  • ・自分の希望通りの遺言を残せる
  • ・争いを未然に防げる内容にできる

一見すると簡単なように思える遺言状ですが、法律の要件を満たす内容で作成するには専門的な知識が必要です。「法的な要件不備で無効」という結末を迎えないためにも、遺言状は専門家の目を通すようにしましょう。

相続税の申告

申告に伴う煩雑な手続きは、プロに頼む方が賢明です。

相続税を申告するには、さまざまな手続きを行わなければなりません。また、状況によって相続が不要な場合もあり、本当に申告すべきかどうか判断する必要があります。弁護士や税理士など、各分野のプロが揃っているティグレグループでは、相続税の申告手続きをお手伝いしています。

プロに頼むメリット

  • ・少しでも多く節税効果が見込める
  • ・申告ミスや申告忘れを防ぐことができる
  • ・延滞税や追徴税などのリスクを低減できる

複雑で細かな法律が関わる相続税の申告を、ご自身だけで行うのは容易ではありません。申告ミスに伴うペナルティを防ぐためにも、相続税の申告はプロであるティグレグループにご依頼ください。